【画像あり】UiPath StudioXをダークモードに設定する手順

UiPath StudioXをダークモードに設定する手順

初心者向けRPAツール「UiPath StudioX」はダークモードに設定を変更することが可能です。

その設定手順をご紹介していきます。

りぴとん
りぴとん

ダークモードって、なんかかっこいいよね!

本記事を読むのがオススメな人
  • UiPath StudioXをダークモードにしたい人
  • UiPath StudioXとにらめっこしすぎてドライアイになっちゃった人
  • どんなツールも最初にダークモード設定にできないか探してみる人

UiPath StudioXをダークモードに設定する手順

まず、スタートメニューからUiPath StudioXを起動します。

スタートメニューからUiPath StudioXを起動する画像

しばらくすると以下のようなスタート画面になります。

UiPath StudioXを起動した時の画面

ウインドウ左中央にある「設定」をクリックします。

UiPath StudioXの設定をクリック

「設定」をクリックすると最初から「全般」が選択されている状態です。その中にある「テーマ」の部分を「ライト」から「ダーク」に変更します。

UiPath StudioXの設定画面でテーマをライトからダークに変更

そうすると、設定変更のためにUiPath StudioXの再起動を要求されます。「再起動」をクリックします。

UiPath StudioXをダークモードに変更しようとすると表示される再起動確認画面
りぴとん
りぴとん

PC自体の再起動ではなく、UiPath StudioXの再起動のみです。安心して再起動しましょう。

しばらくすると、再起動が完了しUiPath StudioXがダークモードに変更されています。

UiPath StudioXダークモード設定完了画像
りぴとん
りぴとん

これで設定完了です! お疲れさまでした!

その他スタート前に設定しておくとよいオススメ機能

その他設定しておくべき機能は、各種アプリケーションのアドインです。使用頻度が高いであろうオススメは以下の2つです。

  • Chrome(インターネット上の操作を自動化できる)
  • Excelアドイン(Excel上の操作を自動化できる)

上記アドインのインストールは、「設定」のすぐ上にある「ツール」をクリックし、該当のアドインを選択することで可能です。

UiPath StudioXでアドインを設定するためのツールクリック画面

アドインのインストールを簡単に説明すると、自動化したいアプリとUiPath StudioXを先に連携させておきましょう、ということです。

逆に設定しておかなければ、いくらロボットを構築したとしてもUiPath StudioXと必要アプリが連携していないため作業を自動化できません。

すぐ設定可能なので、先にサクッと設定しておきましょう。

UiPath StudioXを活用したRPA事例

設定が完了したUiPath StudioXを活用して、これから業務の自動化への取り組みが始まることと思います。

もし、どんな作業をどんな風に自動化したらいいのかお困りの場合は、簡単な定型業務の自動化から行ってみてください。

りぴとん
りぴとん

定型業務の自動化について解説している記事も、よろしければ参考程度にご覧ください。

定型業務をカンタンに自動化する方法とオススメ無料ツール 定型業務をカンタンに自動化する方法とオススメ無料ツール

いきなり劇的な成果をもたらすよりも、身近なところから練習がてら自動化していくことで、設定方法が身についていくためオススメです。

まとめ

UiPath StudioXをダークモードに設定する手順は、設定>テーマ変更 で可能です。

自動化のロボットを構築する画面ですので、ひたすら凝視することが考えられます。目に優しいダークモードに早々に変更しておくことをオススメします。

スポンサーリンク